資源リサイクルのエキスパート・ヤスモトが、ご質問にお答えします。

s s s s
トップページへ リサイクルのエキスパート、有限会社ヤスモト
お問い合わせ
オフィス・会社の古紙回収ページ
機密書類の処理についてページ
商店・事業所のダンボール回収ページ
産業古紙の回収ページ
一般家庭の古紙回収ページ
古紙回収依頼フォームページ
古紙リサイクルのしくみページ
江戸時代のリサイクルページ
古紙に関するFAQページ
会社案内ページ
リンクページ
コンテンツ・マップページ
弊社へのメールはこちらへ
プライバシーポリシー
弊社サービスエリアは、大阪府、兵庫県南部、京都府南部、奈良県北部、和歌山県北部です。他の地域へも積極対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社サービスエリア
大阪府、兵庫県南部
京都府南部、奈良県北部、和歌山県北部
古紙に関するQ&A
Q  古紙はどんな紙に生まれかわるのですか?
Q  古紙はどれくらい集まっているのですか?
Q  紙は100パーセント古紙では作れないのですか?
Q  なぜ分別しなければならないんですか?
Q  禁忌品って何ですか?
Q  どのくらいの量があれば引き取りに来てくれますか?
Q  古紙が余って困ってるって、本当ですか?
古紙に関するご質問がございましたら、左のメニューの [ Contact Us ] からお寄せください。
出来るだけ、お答えして行きたいと存じます。
お勉強
お勉強
石川県小松市の小学6年生の女の子から、ご質問をいただきました (=^-^=)ノ ご質問のお手紙
するどい内容でしたので、ここでお答えしたいと思います。
Q  なぜ大阪に工場を作ったんですか?
 理由があればおしえてください!!
Q  リサイクルでの
 他社には言えないマル秘方法があればおしえてください!!
Q  リサイクルで一番ムズカシイ作業とはなんですか?
Q  リサイクルでの問題点はどこですか?
Q  古紙というものがありますが・・・
 古紙と新紙とのちがいはなんですか?
 また古紙と新紙を見分ける方法とは!!

江戸時代は、理想的なリサイクル社会だった!

幕末の浪人で、江戸のあらゆるアルバイトを経験して庶民生活を熟知している三好俊之介が、理想的なリサイクル社会であったとされる江戸時代のリサイクル事情を解説!
三好俊太郎の、江戸時代リサイクル考!
現代の古紙リサイクルのしくみについては、こちら
古紙リサイクルのしくみ
536-0008 大阪府大阪市城東区関目4丁目−11−19
有限会社 ヤスモト
Tel 06-6933-7027
Fax 06-6968-9069
e-mail info@saisei-yasumoto.com